ドライキャットフードの選び方

ドライキャットフードには多くの種類、価格帯の商品が販売されています。
国産や外国産、数あるメーカーの中からどのフードを愛猫に与えたらいいのか、おすすめの選び方として、安全性を基準にした選び方があります。
まずはキャットフードの商品パッケージを見て下さい。

日本では2009年に「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」が施行され、原則的に原材料名の表示が義務付けられています。
原材料は含有量の多い順に記載されるので、先頭に表示されている材料が第一原料という事になります。
この第一原料がトウモロコシなどの穀類となっている商品は、なるべく避けた方がいいでしょう。
猫は肉食動物であり、過度の穀物摂取は内臓に負担をかけ、アレルギーを引き起こす場合もあります。
特にパッケージには「マグロ味」などの記載があるのに、第一原料が穀類の場合は、香料や着色料などの添加物を過度に使用している可能性もあるので、注意が必要です。
表示の味と主原料が同じかどうかは、キャットフードの選び方のポイントの一つです。
キャットフードの第一原料は肉類や魚類などの「動物性たんぱく質」が望ましいですが、「動物性たんぱく質」ならば何でもいいわけではありません。
商品によっては肉類として、「ミートミール」「肉副産物」などが表示されている場合もあります。
これらは動物の内臓や皮膚や骨、粗悪な商品の場合は人間が食べられない「4Dミート」を使用している可能性もあるので、「チキン」「サーモン」など、きちんと素材そのものを使用しているキャットフードを選んで下さい。
キャットフードに添加されている保存料が安全かどうかも確認する必要があります。
酸化防止剤のBHTなどは発がん性があるとされ、ミックストコフェロールなど自然から抽出した保存料の方が安全でしょう。
また原材料そのものに使用されるエトキシキンなど、キャットフードの製造段階で添加するものではない保存料は表示義務がないので、その点も考慮する必要があります。
安全性の判断が難しい場合は、賞味期限が不自然に長すぎるものは避けた方がいいでしょう。

以上のことから安全性に考慮したおすすめのドライキャットフードは、穀類の使用量、粗悪な原材料の可能性、危険な化学保存料の有無、に注意した選び方で見つけることができます。
キャットフードは総合栄養食として愛猫の主要な栄養素になるものなので、愛猫の健康のためにも、良質なドライキャットフードを選んであげて下さい。
こちらには安全性の高い人気のキャットフードが紹介されています。