キャットフードの原材料(ビートパルプ)

ビートパルプのビートとは、甜菜(砂糖大根)の事です。
青々とした葉に、大根と蕪の中間のような形をしている甜菜は、砂糖の主な原料として、サトウキビと並んで知られています。
甜菜を絞って砂糖をとった搾りかすがビートパルプです。
パルプとは木材や草から抽出した繊維の事で、ビートパルプは甜菜からとった食物繊維成分を意味します。
ビートパルプは繊維としての効果を期待され、毛球ケア用キャットフードに含まれる事が多い原材料ですが、腸など消化器への負担の問題や、製造方法に注意すべき点もあります。

キャットフードに含まれるビートパルプの効果としては、まず胃で消化されない食物繊維として腸壁を刺激し、飲み込んだ被毛などを排出させやすくします。
繊維質が便の容量を大きくする事で便通を改善させたり、善玉菌を増やして腸内環境を整える効果もあります。
お腹の中の水分を吸収する事で、コロコロした硬い形状の便になるとされ、消化に時間がかかり腸内に長く留まる事から、便の匂いも減るされています。
これらは飼い主さんにとっては処理がしやすい、トイレが汚れにくいといった利点といえます。

一方でキャットフードに含まれるビートパルプの問題点としては、ビートパルプが原材料のコストカットに使われている可能性がある、という点です。
安価なビートパルプの配合でフード全体のかさを増す事により、結果的に猫にとっては、タンパク質など本来必要な栄養素が不足する場合があります。
また猫によっては過度な食物繊維の配合が消化器に負担をかけ、便を必要以上に大きくしてしまう事で、便秘を悪化させてしまう場合も考えられます。
硬くてコロコロの便は飼い主さんにとっては扱いが楽ですが、猫にとっては腸壁や肛門に負担をかけてしまう場合もあります。
そして注意すべきなのが、ビートパルプそのものの品質です。
甜菜から砂糖成分を絞った残りであるビートパルプですが、その抽出法は二つあるとされています。
一つは甜菜を絞って徐々に圧力をかけ、滲出してくる成分を取り除く、という自然本来の製造法です。
もう一つは硫酸系の薬剤を使って余分な成分を溶かす、という化学的な製造法で、圧力をかけて抽出するよりも時間がかからない、より多くの砂糖成分を抽出できるというメリットがあります。
後者の方法で製造されたビートパルプには、硫酸系薬剤が残留している恐れもあり、猫の健康に影響を及ぼす可能性が考えられます。

キャットフードに配合されるビートパルプの有効性、問題点については様々な意見があります。
いずれにしてもビートパルプを含むキャットフードを猫に与える時は、猫の便の様子に気を配る必要があり、また粗悪なビートパルプを避けるため、その製造法にも注意した方が安全でしょう。

参考URL
http://www.gardencinema.jp/5.html