キャットフードと人間の食事の違い

たとえばお刺身やお肉など、飼い主さんが食事をしていると、猫が欲しがって寄ってくることがあります。
甘えられて一口くらい、とあげてしまう事もあるでしょうが、人間の食べ物をそのまま猫に与えても問題はないのでしょうか。
一般的にほんの少量を与えるだけならば、猫の健康に影響する可能性は少ないといえます。
しかしそれが長期間にわたり、キャットフードと同じように考えて与えるならば問題となります。
猫と人間は必要とする栄養素がそもそも異なり、また人間が食べられる物であっても、猫にとっては健康に悪影響を及ぼす、場合によっては中毒の危険性がある食べ物も存在するからです。

猫と人間の必要な栄養素を比べたときに、まず異なるのがタンパク質の摂取量です。
同じ哺乳類に属する猫と人間ですが、肉食動物である猫はタンパク質を人間の5倍ほど必要とするとされています。
身体の組織を作るタンパク質のなかには猫にとっての必須アミノ酸が含まれ、タウリンやアルギニンなど、不足すると目の健康や繁殖能力に影響したり、泌尿器が適切に機能しなくなる場合もあります。
その他にもリノール酸などの必須脂肪酸やビタミンAなど、猫が体内で生成できない栄養素は食事として摂取する必要があります。
お味噌汁をごはんにかけた昔ながらの「猫まんま」では、それらの大切な栄養素が不足するだけではなく、猫が消化しづらい炭水化物が過剰になってしまう可能性があります。
同時に人間のように汗をかかない猫は塩分をそれほど必要としないので、味噌汁などに含まれる過度の塩分は、血圧を上昇させて心臓や腎臓に負担をかける場合もあります。
そして人間の食事に使われる食材のなかで、猫にとって特に危険なのがネギ類です。
玉ねぎやニラなどのネギ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドは、猫の赤血球を破壊して貧血や血尿を引き起こし、治療が遅れれば死にいたる危険もある成分です。
このアリルプロピルジスルファイドは加熱しても毒性が消えず、個体差はありますが、体重1kgあたり15~20gを摂取すると症状が出るとされています。
玉ねぎを好んで食べる猫は少ないとしても、ハンバーグやすき焼きなど、人間の食事の残りとして意識せずに与えてしまうと危険です。
その他にもチョコレートに含まれるテオブロミンは嘔吐や下痢を、キシリトールは低血糖を引き起こし、生のイカはビタミンB1欠乏症を誘発するとされています。
人間が当たり前に食べている物でも、猫には問題となる食材は意外にたくさんあります。

キャットフードと人間の食事の違いとして、人間の食事は猫にとって栄養バランスという意味で最適ではなく、食材によっては健康を損なう可能性もある存在だといえます。
キャットフードはそれらの問題に配慮して作られており、猫の健全な成長を支える総合栄養食として安心して食べられる点が、キャットフードと人間の食事の何よりの違いです。
そんなキャットフードにも非常に多くの種類があるため、どのキャットフードを選べばよいのかわからない方も多いのではないでしょうか。
そんな時は、まず愛猫の年齢によって子猫用なのか、成猫用なのか、高齢猫用なのかを選択しましょう。
成猫や高齢猫に子猫用のキャットフードを与えてしまってはカロリーオーバーになってしまいますし、反対に、子猫に成猫用や高齢猫用のキャットフードを与えてしまうと必要な栄養分やカロリーが不足してしまいます。
そのため年齢に合わせて選ぶことは愛猫に合ったキャットフード選びの大切なポイントとなります。

参考URL
https://www.osscensus.org/comparison.html