キャットフード以外におやつをあげてもよいのか

猫におやつをあげてもいいのか、という疑問について、猫の栄養学的には基本的に必要ない、と答える事ができます、なぜなら飼い猫の多くが毎日のご飯としているのは、「総合栄養食」に分類されたキャットフードです。
総合栄養食とされるキャットフードは猫の主食として、定められた量を水と一緒に摂取すれば、一日に必要な栄養やエネルギーを十分とれるように作られています。
おやつはあくまで間食であり、一般食(副食)として不足しがちな栄養分を補うフードではありません。
すでに必要な栄養分を摂取している猫におやつを与えることは、余剰なエネルギーとして、場合によっては肥満の原因にもなります。

しかし猫におやつをあげることの目的は、ただ単に栄養を与えたい、お腹を空かせているので食べさせたい、というだけではありません。
たとえばお留守番がきちんとできた時や苦手なシャンプーを我慢した時のご褒美だったり、飼い主さんの猫への愛情表現だったり、猫のおやつには飼い主さんと猫とのコミュニケーションの手段としての一面があります。
美味しいおやつを与えられれば猫は喜びますし、猫の喜ぶ姿を見た飼い主さんも嬉しくなります。
またおやつには遊びで興奮し過ぎた猫の気持ちをそらすための与え方や、歯磨き効果などの付加価値を目的とする与え方もあります。
その意味で猫のおやつには、栄養補給を主目的とするキャットフードとは違った存在意義があるといえます。

ただしおやつを猫にあげるときは、おやつはあくまで余剰の栄養だと考え、量や回数などに気をつける必要があります。
肥満が心配な猫ならば、おやつをあげた日はキャットフードを少し減らすなどの工夫や、いつもよりたくさん遊んで運動量を増やしてあげるといいでしょう。
また市販されているおやつは一般的に濃味で、猫の嗜好性に沿うように作られています。
おやつの味に慣れ過ぎてしまうと、食事としてのキャットフードを食べてくれなくなってしまう事もあるので、飼い主さんの方である程度セーブしてあげる事も大切です。