ウェットフードのメリット・デメリット

ウェットキャットフードとは水分含有量75%以上のキャットフードの事です。
缶詰やレトルトパウチ、カップなどのタイプがあり、中身の種類はフレークやパテ、スープなどの形状があります。
ウェットキャットフードは猫の餌としては一般的に「食いつき」がよく、猫の好む餌とされていますが、そんなウェットタイプにもメリットとデメリットがあります。
ウェットキャットフードのメリットは、まず水分量が多い事です。
水分含有量10%以下のドライキャットフードは食事の他にしっかりと水分補給をしなければなりませんが、ウェットキャットフードは食事と同時に水分も摂取できます。
したがって水を飲むのがあまり好きではない猫など、泌尿器系疾患の予防になるという利点があります。
水分をたっぷり含んでいるので柔らかく、子猫や老猫でも手を加えずに食べる事ができるほか、低カロリーの物が多いので肥満予防としての効果もあります。
そしてウェットキャットフードは肉や魚など素材本来の質感に近いので、匂いも含めて猫の嗜好性が高く、猫にとって満足度の高い餌だといえます。
栄養素という点では猫が必要とするタンパク質が多めで、炭水化物は少ない傾向があり、猫にとっては消化吸収しやすい性質を持っています。
さらに味のバリエーションが豊富で小分けにされているので、多頭飼いの猫で食事の好みが違う場合でも、それぞれに対応できるという利便性があります。

ウェットキャットフードのデメリットとしては、水分が多い事で量に対しての栄養価がドライキャットフードなどよりも少なく、結果的に多くの量を食べる必要があるという点です。
ウェットキャットフードは一般的にドライキャットフードより一食当たりのコストが高めなので、毎日の食事とするなら飼い主さんにとっては経済的な負担になります。
ゴミとしての容器の処分も、数が重なればお住まいの自治体によっては手間となります。
またウェットキャットフードは総合栄養食としての商品が少なく、他のフードで足りない栄養素を補完しなければならない場合もあります。
さらに未開封ならば長期保存も可能ですが、開けてしまうと水分が多いため腐敗しやすく、早めに食べ切らなくてはなりません。
柔らかい事で歯垢が歯につきやすく、歯周病や口臭の原因となる可能性もあります。

そのようなメリットとデメリットがあるウェットキャットフードは、栄養価やコストの面で、毎日の餌とするには少し難しい側面があります。
毎日の食事には、栄養価の高いドライタイプのキャットフードを与えましょう。
しかしたとえばダイエット目的に一食だけウェットキャットフードを取り入れたり、夏場の水分補給をかねたり、スープ状のものをドライキャットフードにかける、という方法もあります。
ですのでウェットキャットフードの特徴をよく理解し、利点を生かして不足分を補うような与え方、利用法を考えてみても良いでしょう。

参考URL
https://www.mela-itg.com/megaview_display.htm
http://www.officialslyandrobbie.com/eat.html